役員報酬と損金

従業員に支払う給与は、すべて損金となりますが、役員給与には、損金になるものとならないものがあります。

損金になるのは、定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与の3つです。

上記3つに該当しない給与は、損金不算入となります。

役員の範囲

税務上、役員とは以下の通り定義されています。

  1. 社長、専務取締役、常務取締役、その他の取締役及び監査役
  2. 法人使用人以外で経営に従事している者
  3. 同族会社の使用人で一定の要件を全て見たし、経営に従事している者

使用人兼務役員

使用人兼務役員になれない

社長、専務取締役、常務取締役、監査役、平取締役のうち同族会社の特定役員

使用人兼務役員になれる

「使用人兼務役員になれない」に記載した以外の役員で、部長、工場長など使用人としての地位を有しながら、常時使用人として職務に従事している者

事前特定届出給与

事前特定届出給与とは、一定期間内に所轄税務署に届出した給与額で、ボーナスを支給しても損金算入は可能になります。

過大な役員給与

適正部分については損金算入可能ですが、不当に高額な部分に関しては、損金不算入となります。

特定同族会社の役員給与

自分1人で起業した一人会社(特殊支配同族会社)の場合、代表取締役の給与につき、その給与所得控除相当額が損金不算入となります。

特殊支配同族会社とは、業務主催役員とその関係者の株式所有が90%以上かつ、常勤役員の50%を占めている法人の事をいいます。

例外として、基準所得金額が年800万円以下、または、基準所得金額が800万円〜3000万円以下かつ業務主催役員給与が基準額の50%以下の場合、損金に算入出来ます。

会社の税金ガイド携帯サイト

会社の税金ガイドは、新設法人が知らなければいけない税金の基礎知識をコンパクトにまとめた会社の税金情報サイトです。困った時の辞書代わりに。携帯版会社の税金ガイドもご用意していますのでご活用下さい。

携帯にURLを送る

【PR】最も合理的に会社・個人にお金を残すには。「節税ドットコム」
【PR】珠玉の節税ノウハウ『タックス・インパクト』
【PR】税理士を変更するだけで400万もの節税!優秀な税理士だけを紹介!

【ビスタプリント】オンデマンドサービス プロモーション

このページのトップへ
会社の税金Menu
会社設立の届出
青色申告法人
会社で納める税金
確定申告の提出期限
決算利益と所得金額
収益の計上時期
売上原価と販売管理費
中小法人優遇制度
特定同族会社とは
役員報酬と損金
減価償却資産とは
定額法と定率法
小額な減価償却資産
交際費は損金不算入
貸倒損失について
貸倒引当金について
法人税と加算税
源泉徴収した所得税
課税されない現物給与
消費税について
会社の税金管理Menu
税金相互リンク
お役立ちリンク
運営会社
会社の税金HOME

 

【ビスタプリント】オンデマンドサービス プロモーション